×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内職副収入情報室  サラリーマンの確定申告とは?です。

        
      サラリーマンの確定申告とは?
             ページTOPに戻る

■サラリーマンの確定申告とは?

サイトマップへ
 さて当ページでは、サラリーマンが行う確定申告にスポットをお当てて見ます。
確定申告は普通であれば、サラリーマンの場合は会社が納税してくれますので、税務署に足を運ぶことはありませんが、インターネットで運営している副収入・お小遣いサイトが成功を収め勝ち組となった場合に必要です。

     「”勝ち組”流行語ですが、何ともいい響きに聞こえるのは、”スペもん”だけでしょうか...」

確定申告が不要なケース
 ”前頁”でも紹介しましたが、サラリーマンの場合、年間の副業収入(雑所得)が20万円未満の場合は、確定申告不要です。(所得とは=年間総副収入−必要経費)

確定申告必要なケース
 年間の副業収入(雑所得)が20万円以上の場合は確定申告が必要になります。
サラリーマンが副業を行なった場合よっぽど金額が大きくならない限り、税務署の判断で、雑所得として計算されます(高額収入の場合は事業所得等)。
確定申告の時期、例年1月ごろは、税務相談を税務署が実施していますので、微妙な場合は相談に行きましょう。又”こちら”で電話相談可能です

副収入を会社に知られず、続ける方法
    自己責任です。会社の人事規定と照らし合わせてリスク判断して実行してください
 確定申告に行った際の、住民税の支払い方法を変更する方法がそれに当たります。
税務署では、課税業務を円滑化するために、「特別徴収制度」というものを設けています。特別徴収制度とは、サラリーマンの場合、給与以外の収入に対する住民税の支払いをサラリーマンとしての給料から一緒に源泉徴収する制度となっています。
会社側では税務署の通知により給与計算を行った場合、同年代の社員と比較した場合に突出した住民税額となっていると疑問に思うはずです。
人事部門より問い合わせが入り、説明を求められる事になります。そうなってからでは取り繕うことは困難、懲戒処分も想定しておかなくてはいけません。

 では具体的な方法ですが、サラリーマンが確定申告するとき、住民税の欄のところに、住民税の特別徴収普通徴収にチェックを入れてください。という項目があります。
ここで、普通徴収を選択すれば、会社側に住民税支払いの通知は行かずに、あなた自身に請求がいくようになります。
脱税と違い、法律には触れませんが、くれぐれも人事規定と天秤にかけてください。
その他の情報はこちら
yajirusi悪いサイトの見分け方を知ろう!
yajirusi悪いサイトに困った時の相談連絡先!

yajirusiお小遣い収入に対する税金を知ろう!
yajirusiサラリーマンの確定申告とは?
yajirusi副収入に認められる経費があるの?
yajirusiコンピュータウィルス対策をしよう!
yajirusi振り込め詐欺に注意しよう!
yajirusiフィッシング詐欺に注意しよう!
yajirusi法律の専門家に相談しよう!
yajirusi不要になった携帯電話を買い取ってもらおう!
yajirusi「収入UP」に直結!裏情報を参考にしよう!
yajirusiお金儲け運を占ってみよう!
yajirusiお得なサンプルをもらちゃおう!






    -----------------<インターネット用語の検索>--------------------------------------

                   【オールアバウトジャパン】専門家がガイドするテーマ別情報サイト
          インターネット用語を調べたい。⇒アスキーデジタル用語辞典






                        本ページのトップに戻る
                  
<<1ページ戻る  内職副収入情報室ホームに戻る  1ページ進む>>